久々にヘッドフォンを買った(SE-MS5T)

久しぶりにヘッドフォンを買った話。

https://pioneer-headphones.com/japanese/style/se-ms5t.html

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MROVBTI/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_mbAQCb0EJB0P6

 

PioneerのSE-MS5Tというヘッドフォン。

思ったより良い感じなので使い心地とかを書き留めておく。

用途としては普段のリスニング用。
ミックスとかマスタリングはCD900STとSuperluxのHD681をメインにしている。

今回ヘッドフォンに求めていたコト

  • リスニング用なので聞き疲れないこと
  • 側圧とかで耳がいたくならないこと
  • 普段使いなのでミニフォンジャックであること
  • 普段使いなので5000円程度をリミットに

と、いうことで最初はオーテクのM20xを視聴しに行こうとビックカメラに行ったんだけど。。

DJ用だからか、妙にローががっつり出てウザい。。
ローが出てるのが心地よい人はうれしいかもだけど、僕はフラットとかクリアな感じの方が好みなので、ちょっと肩透かしを食らった感じ。。。

(後日、別の機会にm20xをまた聞いたんだけど、その個体はローが比較的すっきりしてたので個体差もあったっぽい。m20xは良いヘッドフォンでした。)

 

と、いうわけでヘッドフォン売り場を視聴しながら右往左往してたんですが、結局PioneerのSE-MS5Tを買いました。。

Pioneerのヘッドフォンと言えばドンシャリ

と、僕も思ってました。

現に、今も思ってます。
ドンシャリのヘッドフォンが欲しければ、

・とりあえずローが欲しい:SonyのExbass
・ドンシャリ欲しい:Pioneer
・もっとローが欲しい:JVCのXXシリーズ

というイメージだったので、Pioneerはそもそも選択肢に入れてなかったんだけど
m20xが気に入らなかったので、同価格帯のヘッドフォンを片っ端から聞いていったら

すげークリアでハイが出るヘッドフォンがあった。

それが、SE-MS5Tだった。

SE-MS5Tの感想

ハイが出る。

ハイレゾを売りにしてるのもあるのか、頭の上の方で鳴ってるかのような高音域が聞こえる。

そして、買った最初はあんまり出ないと思ってた低音だけど、
実は目立たないだけできっちり出ている。
無理してローをブーストしていないという意味では、ヘッドフォンとしては比較的素直なローの出方をしているんじゃないかなと。

なので、イコライザーとかで少しローを上げると、ちゃんとドンシャリ気味にもできるので、好みに合わせて調整しやすいヘッドフォンかなと思います。

あと、それなりの深さがあるので、耳もすっぽり収まって冬は暖かいです。
耳のサイズが大きめな人だとすこし耳が中で当たるかもしれないので、試しにつけてみるのは大事かも。

 

とりあえず、スマフォ用のマイク付きの4極端子なので、
自宅リスニング用というより、外でガツガツ使うのがコンセプトっぽいので、普段使いとしてはほどよい価格感モアって良いんじゃ無いかなと。

デザインさえ嫌いじゃ無ければ!の話ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA