カテゴリー: 機材とか

音楽系の機材などの記事。

キャビネットIRデータ「Fender mini-Deluxe」

 

という感じで、ノリと勢いでキャビネットIRデータを作成したので

せっかくなので配布。

FenderIR

(zipデータ)

 

使用機材

AudioI/O:Axe IO

Mic:beyerdynamic TGV30d

Amp:Fender mini deluxe

 

参考動画

PluginAllianceのMEGA Bundleに申し込んだお話

僕がPluginAllianceのMEGABundleに申し込んだ話と、
少し使ってみてお勧めできるプラグインをいくつか紹介してみる。



 

MEGABundleに申し込むまで

 

https://www.plugin-alliance.com/

DTMでプラグイン漁ったり黒金だーとか言ってる人なら確実に知っているであろう
プラグイン販売サイトの一つ、PluginAlliance。

僕も何個かプラグイン買ってお世話になっているのですが、
このたび、PluginAllianceがサブスクのプランをはじめるよーということで気になっては居たんだけど

正直なところ、「サブスクするくらいなら買ったほうがいいよね」って思ってました。

年間250ドル。まぁ、試しにやってみようかって思える値段じゃないわな。

 

と、おもいながら
機材とプラグイン関連のメールアドレスのチェックをしていると

? 180ドル……?

70ドルOFFってことは 7*4 =28だから、、、 25%以上割り引かれている…!!

 

フォローしてるDTMerの人とか、プロの人とかも良いって言ってる……

 

しかも、プレ価格は8月末まで……!!
どうするのよ……俺……!?

 

 

。。。

 

 

申し込んだ……!!!


というわけで、僕は迷った末にPluginAllianceのMEGA Bundleに課金しました。

180ドルということで、約2万円です。

 

そう、

任天堂SwitchLiteとほぼ同価格です!

 

Switch買うならプラグイン買うよな!
アマチュアとはいえ、音楽家だからな!

どうせSwitch買っても、一緒に遊ぶ友達もいないしな!

 

と、いうわけで
前置きが長くなりましたが

課金したので、課金後の流れと
ざっと1週間くらい触ってみた感想をちゃっかり書き綴ってみようかと思います。 続きを読む

BIAS FX とAmplitubeを比較してみる

両方手元にあるのでせっかくなのでくらべてみようって思った。

 

結論から言おう。

好みの差であると!

 

オーディオインターフェース買ったらいい感じに
AmplitubeDeluxeがついてきたので、それぞれの使い勝手と音の感じを比べてみた。

続きを読む

Line6 Variax 300 を手に入れた!

手元にハムバッカーのギターがなくなった。
唯一のハムが乗っていたテレキャスも、リアP90一発の変なギターに改造してしまった。。

と、いうことで手ごろに買えるハムバッカーの音を探していたところたどり着いたのが

「モデリングギター」

VoxのStarStreamが手ごろでよさそうだなーと思って眺めてたんですが、
楽器屋さんに中古でVariax300が入荷したとのことで、行ってみたら思ったより好印象だったので買っちゃいました。

 

PUがないので見た目が不思議だけど、赤いボディでおしゃれです

続きを読む

iPad mini 5 (2019モデル)を買った話

なんかApple製品持ってるだけでクリエイター感出るっていうからさ

勢い半分でiPadmini5(2019)を買いました。

ガジェッターではないので、細かい性能云々の話は置いておきますが、
なんとなく使い心地の感想とか僕の使い方とかを徒然と書き綴っておきます。

続きを読む

久々にヘッドフォンを買った(SE-MS5T)

久しぶりにヘッドフォンを買った話。

https://pioneer-headphones.com/japanese/style/se-ms5t.html

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MROVBTI/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_mbAQCb0EJB0P6

 

PioneerのSE-MS5Tというヘッドフォン。

思ったより良い感じなので使い心地とかを書き留めておく。

用途としては普段のリスニング用。
ミックスとかマスタリングはCD900STとSuperluxのHD681をメインにしている。

続きを読む

今更だが、BIAS FX professional を買ったからざっくりレビューするよ

先日、ブラックフライデーからの年末商戦にまんまと乗せられて、
BIAS FX professional を購入してしまった人です。

まぁ、BIAS FX LEが無料配布だったから、ダウンロードして使ってみて
「あ、これでも十分じゃんか」って満足してたら、PositiveGridから

「おまえのためにBIAS FX、70%Offにしといたから。3日間だけな。」

とかいう、非常に魅惑的な内容のプロモーションが届きましてね。(よくあるやつ

まんまと、70%offに引かれて買っちゃったわけですよ。
その額なんと $59USD≒6500円

結果から語ると
乗せられたっちゃ乗せられたけど、十分良い買い物だったと思います。

僕のプロフィール

どんな人がこのレビュー書いてるの?っていう話。
本編に関係ないので興味ない人は読み飛ばしていいです。
興味が出た人は、Twitterとかフォローしてやってください。

  • ギタリスト。現在進行形でバンド活動中。
  • ギター歴は10年くらい。ギター始めたころからアンプシミュレーターとか使ってた。
  • 歪みはデジタルよりアナログ機材派閥に属している。
  • 真面目にDTMで曲作ろうとか思い始めたのはここ1年くらい。
  • 現在、Mixとかマスタリングの勉強中。
  • たまにベースも弾きます。
  • 甘いものが好きです。
  • 好きなギタリストはアベフトシと布袋寅泰と光収容

早速の結論

  • PCスペックが足りていれば十分な音質とレイテンシ
  • スタンドアローンのアプリが、自宅練習とかちょこっと弾くのに便利。
  • ベースも弾けるので、とりあえずバンドもののDTMやるなら音色に困らない。
  • 外部IRファイルが読み込めたら最高だった、、、(BIAS AMP側の機能らしい)

長々とした感想は続きで。。。 続きを読む

ブラックフライデーでプラグインを買い漁った記録

流されるままに買い足しちゃいました。

手に入れたものリスト

  • Cyclone/soundspot(ステレオ・MSコンプレッサー)
  • Halcyon/soundspot(サチュレーター)
  • Axis/Soundspot(マルチバンドコンプ・ステレオイメージ)
  • PreX7/Audiority(チューブプリアンプシミュ)
  • bx_rockrack v3/brainworx(ギターアンプシミュレーター)
  • Microshift/Soundtoys(ステレオコーラス)
  • neutron2element/izotope(チャンネルスプリット)
  • BlackAlbumDrums/FXpansion(BFD拡張音源)
  • SwanPercussion/FXpansion(BFD拡張音源)
  • BFDPercussion/FXpansion(BFD拡張音源)
  • BIAS FX LE/PositiveGrid(ギターアンプシミュレーター)

とりあえず使い込んでないけど触った感想を書き綴る。。

→1年弱使った感想を書き足しました。

続きを読む

Zoom R16をStudioOneでインターフェースとして使うときのTips

バンドの一発録音用にZoom R16 を最近購入しました。

8ch同時入力可能のオーディオインターフェース、DAW向けのコントロールサーフェスにもなる
その上、単体でも16TrのMTRとして動作可能、録音のインサートはZoomのギターとベース用のエフェクターが使用可能

数年前の機材ですが、競合する機材が未だに存在しないという、オーパーツ的な機材ですね。

 

単体での使用はまあマニュアル通りやってくれ、って感じですが
DAWとの連携でちょっと躓いたりしたので、躓いた部分と解決方法をTipsとして残しておきたいと思います。

環境:
Windows10 64bit
StudioOne4
#USB3.0対応HUB経由でR16を接続

続きを読む

IRキャビネットシミュレーター2種類買った

IRデータによるキャビネットシミュレーターって知っていますか?

IRデータという、実在するキャビネットの音響特性を記したデータを利用することで、
まるで、そのキャビで実際に鳴らしているかのようなエフェクトがかかる、という技術ですね。

最近のアンプシミュレーターだと、
大抵IRデータを読み込んでキャビネットシミュレーターとして扱えるような機能があるくらいに
最近のデジタルエフェクター界隈では一般的な技術になりつつあると思います。
(KemperとかAxe-Fxとか!ハイエンド機にもよく使われてるよ!)

アンプヘッドを買ったはいいけど、
家では音出せない!そもそもキャビネット持ってないよ!

なんていう場合も、ラインアウトのあるヘッドアンプなら、
キャビネットシミュレーターを使うことで、非常にリアルな音を録音することができます。

と、いうことでそもそもIRデータってどんなもの?ってところから
最近僕が買ったIRデータの紹介まで、記事にまとめてみようと思います。

 

 

続きを読む