-About-

“n-s-lab”は
さとうたくやが主導でなんらかの活動をするときに使う屋号みたいなものです。

基本的には音楽を作ったり、ギター弾いたりみたいなことがメインになります。

このサイト自体は、そうした活動の記録であったり
考えたり研究したことのメモを残す場所として設けています。
内容については、僕の個人的な見解を多く含みますので、ご留意ください。

各種作業依頼について

下記のような作業依頼も受け付けています。
依頼前に、このページ下部の過去作などを確認してください。

作曲依頼するか迷ってるなら
おためしにskebで投げてみる、という手段も。
https://skeb.jp/@n_s_lab_tokyo


受付中の作業項目と費用目安

※僕自身のメリット(宣伝や勉強)で各項目〜無償まで変動あり。
イラスト・動画・演奏・楽曲提供など作業のGive&Take、コラボ依頼もアリ。

・作曲・編曲(作詞)
—–①著作権・原盤権をn-s-labが所持:500円〜1万円程度
—–②著作権・原盤権の共有化:5000円〜3万円程度
—–③完全譲渡・その他:要相談
イベントやゲーム、チャンネルのテーマ曲など、
用途が限定されるようなものは、要望がなければ①で対応します。
著作権・原盤権は、後から音源として配信する場合など、
当初決めた用途以外で使用する場合に必要になります。
②の共有化することで、クライアント側はn-s-labの許諾なしで別用途への利用が可能になります。
n-s-labも権利を持つ①、②場合、その楽曲のカバーなどを動画サイトへのアップやn-s-labのアルバムなどに使用する可能性があります。
n-s-labとしての使用を制限する場合やノンクレジットとなる場合は③となり要相談です。


・パラデータのmix、歌唱データのmix(歌ってみた含む)
——歌唱mix1曲目安:3000円〜
トラック数やエフェクト・ピッチ補正の作業量によって変動します。
1トラック・補正少なめとかなら上記金額を下回ることもあります。

パラデータのMixは要相談。

・ギター・ベース演奏(宅録、都内ライブ)
——-宅録1トラック:1500円〜
シンプルなコードバッキング等であれば、上記最低金額で対応できます。
フレーズ難易度が高い場合や、フレーズそのものをおまかせにする場合は
作業量に伴って価格が上がります。
(ジャンル・フレーズ指定によっては対応不可となる場合あり)
下記の機材リストから使用機材を指定することも可能です。

——-ライブサポート:交通費+α程度
交通費はリハーサルのスタジオを含みます。
+αは、リハの日のご飯代や、ライブ当日のチケット売り上げ等を考慮して
都度相談して決めさせていただきます。

・バンド・ボーカル・楽器のセルフレコーディングのサポート、Mix
・バンドのセルフ配信ライブのサポート

——-要相談:交通費+α(スタジオ・機材レンタル代除く)
マイクレンタル可能なスタジオにおける、
セルフレコーディング、配信ライブなどのサポートを行います。
スタジオ代・マイクレンタル代などは実費でバンド側に負担いただき、
サポート作業自体について、交通費+αを請求します。

対応可否含めて、要相談となります。

 

<作業依頼の流れ>
依頼内容・条件の確認

一部の作業実施

作業イメージのすり合わせ・条件の確定

費用支払い・本作業開始

作業依頼ではなく“コラボ・共犯者としてのお話も大歓迎です!

連絡はTwitterのリプやDM、もしくはメールでお願いします。
(たぶんメールの方がレス遅いです。。。)

mail: info(at)n-s-lab.tokyo

プロフィール

なまえ:
さとうたくや
@n_s_lab_tokyo

やること:
●ギター弾く

アニソン〜邦楽ロックがルーツにあるため、ブリッジミュート混じりのバッキングや、ドライブサウンドでのブラッシング混じりのフレーズなどの演奏経験が豊富。
特に得意なのは、シンプルなフレーズに対して、逆アングルでのピッキングによるピッキングノイズ混じりの、骨太ロックンロールなサウンドの演奏が得意。

●曲作る、歌詞書く。

主にギターサウンドを基調とした、歌ありの楽曲の制作を行う。

●レコーディングする、ミックスする。

自身の制作曲のギター・ボーカルRecをはじめ
所属するバンドのセルフレコーディングや配信ライブのセッティングを行う。

すみか:
とうきょう

たんじょう:
1993年8月

しゅみ:
ギター、音楽、ゲーム、散歩、カメラ

こうぶつ:
あまいもの

座右の銘:
今日の自分を明日超える

所属バンド:
SUPER ROCK’N’ROLLERS(@srrs_4)
カクテルを吐け(@kakuteruwohake)
囲碁研究部(@igoken_od)

使用機材など:

DAW:
Studio One 5 professional

Hardware:
IK Multimedia AXE I/O
TASCAM US16x08
WarmAudio WA12
ART Tube MP/C
dbx 286s
ARX 8-pre
Two notes Torpedo captor8
AKG P220
sE X1 R
MXL551/550
JTS PDM57_mod
Apple Macbook Air (2020_M1)

Software:
Line6 Helix Native
BFDDrums BFD3
BlackAlbum,JazzNoir,Oblivion,Percussion,Taiko,Kabuki&Noh
IKmultimedia
Amplitube5, MODO BASS, sampletank4 SE, Miroslav Philharmonik 2
PluginAlliance MEGABundle
iZotope
ozone Adv, neutron Adv, nectar plus,RX8
Celemony Melodyne 5 assistant
Fable Sounds Broadway Lites
Adobe CC
VOCALOID 初音ミクv4x
CeVIO さとうささら,ONE
CeVIO AI 東北きりたん
SynthesizerV
SakiAI, ついなちゃんAI, 弦巻マキAI,RyoAI
etc…

Guitar:
Fender Roadworn Player Telecaster_Mod(2011)
Fender Roadworn 60s Stratocaster_Mod(2009)
Bill Lawrence bl3m-55g_Mod(90s)
Fender Blacktop Telecaster_Mod(2010)
FenderJapan TL-STD_Mod(00s)
History heg-120

僕の使っているギターのスペックとか改造メモ

GuitarAmp:
Orange OR15H
Quilter OVERDRIVE200
Original 10inch Cabinet(Speker : Celestion G10 Vintage16Ω)
Two notes Torpedo Captor 8(loadbox)

GuitarEffect:
Orange Baxbangeetar
Line6 HXStomp
LeeCustomAmplifire TX-1
Onecontrol Strawberry red overdrive
JimDunlop CRY BABY 95Q WAH
EarthQuwakersDevices HIZUMITAS
WarmAudio Foxy Tone Box
EWS FuzzyDrive
BEHRINGER SF300
BOSS TE-2
ZOOM MS100BT
etc….

Bass:
CoolZ ZPB-1R
AriaproⅡ IGB-50 ROSE


過去作など

Youtube Channel

NikoNiko User

Streaming release

n-s-lab:
Oneway
  Story

SUPER ROCK’N’ROLLERS:狼煙
3曲目「サヨナラ」、4曲目「合鍵」 Rec,Mix,Masteringを担当。

SUPER ROCK’N’ROLLERS :鶺鴒
Rec,Mix,Mastertingを担当

SUPER ROCK’N’ROLLERS:Black Label
Rec,Mix,Mastertingを担当

カクテルを吐け:屁とLeg
Rec、Mix、Masteringを担当