カテゴリー: All-Posts

すべての投稿一覧。

DEAD DAYS/CLOCKUP プレイ後感想

曲が好き♡(キルル風に)

 

前々から気になっていて、この前のセールで買って積んでたんですが
ちょっと思い立ったのでプレイしました。

ネタバレ少な目あらすじ

 

目が覚めると、周りには見知らぬ男女3人。

「お前死んだっしょ?今日、どっかで」

は?こいつ頭大丈夫か?
じゃあ今ここにいる俺は何なんだよ。

そんなわけが……

「!!」

記憶とともにぞっとする寒気が股間からぶわっと吹き上がってくる。


集められた4人の共通点は
どこかで一度死に、そして蘇生させられたということ。

そして、その代償として二つの副作用を与えられた。
ひとつめは、充電の必要性。顔も知らぬ「組織」からのミッションをクリアしなければ、死体を動かすための動力を切られ、再び死ぬ。
もう一つは、生の実感を得るための性衝動。死んだ体を騙し欺き続けることによる性行為への渇望。

死体を騙し、友人を騙しながら過ごすかつての日常と、
ミッションと称し”幽霊”と戦い、殺すことで死を先のばすかつての非日常。

そんな毎日が、俺たち蘇生死体<リブートボディ>の新たな日常、俺たちのDEADDAYSだ。

ネタバレ少な目感想

基本的には
タイトルの通り”死”をテーマにしつつ
その命題の裏としての”生”を描いた作品。

バトルやリブートボディの真相を突き詰める的な
アクション、ミステリ、SF的なエンタメ感はさほど強くなく、
ヒロインとの心のつながりや人情ドラマといった、
いわゆる恋愛ゲーム的な要素もあまり濃く無い。

じゃあ、この作品のどこがいいの?って言うと
結局登場する人物たちの死生観に対してどう感じるかという部分なんだと思う。

エログロ和姦輪姦虚無姦とエロシーンは比較的多めだけど
ちょっとアブノーマル気味な点も強いので、美少女ゲー好きにはちょっと合わないかも。

ちょっとルビの癖が強かったり、
エログロや倫理的に良くない描写は多いけれど
体験版で続きが気になれる人なら、その勢いで全編プレイできる内容かなと思います。
(そこまで長くもないし)

 

あ、あと幼馴染の女子に罵られたい人にもジャストミートするかもしれないです。

 


以降、ネタバレありの感想をつらつらと書いていきます。

 

 

 

 

 

 

続きを読む

ZEN GO SYNERGY CORE を導入![レビュー&使い方]

と、届いたぁ!!

セールで発売時くらいの価格になっていたのを見つけ、
円安で値上がりしそうな気もしたので思い切って購入。

antelope audio ZEN GO SYNERGY CORE です!

うーん、高級感!!
そりゃあ、今使ってるAxe I/Oより少しお高いですからね。

続きを読む

TONEX IKMultimedia のファーストインプレッションレビュー

 

ついに来ましたね。
帰り道に気になってTwitterで動画見てたらどんどん気になって、
家に着いたらすぐインストールしてみたんですが、なんか使えるアンプ数多い気がする…

たぶんだけど、リアンプ機能をもつIK Multimediaのオーディオインターフェースのユーザーに
TONEX SEのライセンスが付与されたんじゃないかな……?

キャプチャ元:https://www.ikmultimedia.com/products/tonex/

なぜなら、SEからToneModelの作成機能、いわゆるキャプチャモデリングの機能があるからだ。

あとユーザーToneModelのダウンロード無制限なのもアツい。

Amplitube5もなんだかんだでSE+いくつかのブランド系モデルを使い倒しているので、
なんか買わなくても楽しめそうな予感がしています。

続きを読む

はじめてのディズニーシー探検記

前回のあらすじ

  • ディズニー好きでもなんでもないけど一人でディズニーランド行ってきた
  • 思ったより楽しい!!
  • ショー系のアトラクションがいい感じ

○ぼくのスペック

・ソロ活初級者+α

ついに一人でディズニーランドに行けるようになったので、そろそろ中級者を名乗っても良いかも。
でも、知らない飲食店に一人で入るのが苦手

・ディズニー初心者

前回のひとりディズニーランドの前にディズニーランドに行ったのはおよそ10年前。高校時代です。
そして、前回のディズニーランド以降、全くディズニーに触れずに今日まで生きてきました。

・ライトオタク

アニメからゲームまで色々触れたり、少しマイナーな作品とかにも普通に手を出しちゃうオタク。

○3行で感想

  • ディズニーシーに漂うちょっとだけ大人な雰囲気がいい感じ
  • ショーが見たければランドが安定
  • ズートピアが見たくなった
続きを読む

創作彼女の恋愛公式の感想(ネタバレあり)

http://ainolinks.com/

萌えゲーアワード2021で5冠を取ったバケモノということで
なんだかんだ有名な話題作には手を付けておくライトオタクとしても、
そして、クリエイター群像劇ということでなにか作ったりしてる人としても惹かれるものがあったので
サマーセールでサクッと購入してプレイしました。

 

未プレイ・知らない人向けの本編紹介

とりあえず公式のHPのイントロダクションを読んでくれという感じだけど、
基本的に導入部分しか無いので、
ネタバレというほどではない内容バレも多少含めてを作品の要素を補足として紹介すると、

  • 基本的には、シナリオライターの主人公がクリエイターの専門学校で3年間青春するお話
    • 出てくるクリエイターは「ライター・作家」「絵書き」「声優」の3種類
    • 学生たちも自身の代表作を既に持っており、商業デビューしている学生も多い
  • はじめのうちは、主人公のスランプを解決するために奮闘しながら、ヒロインと出会って関わっていくお話
  • 立ち絵があるキャラクター(≒重要キャラ)は全員クリエイター
  • 基本的に一貫して「クリエイターが作品を作れなくなる」ことに対して、どう解決していくか
    • 作品内では「クリエイター=作品を作るための生き物」なので、すべて死活問題

 

ネタバレ”ほぼ”なし感想


創作に対する”圧”がすごい!!

ほぼ全キャラ、人間やめてるタイプのクリエイターなので
創作に対する熱意がものすごい。

なので、キャラクターとしての軸がはっきりしているので
どのキャラクターも魅力的になっていると思う。

基本的に創作における葛藤が題材となっているので
「ああ!楽しかった!」と両手を上げてスッキリ楽しむ作品ではないと思うけれど
十分な描写と盛りすぎない展開は、プレイヤーの心をきっちり揺さぶってくる面白い作品だったと思う。

ただ、これをこれからプレイする人、もしくはプレイした人に一応言っておきたいのは
「そんなに片肘張ってやらなくても、好きなものを好きなように作ればええんやで」って事。
本編内にそういうスタンスのライトなクリエイターが一人も居ないので、
まじでアレがクリエイターだと思って「私には無理…」ってなっちゃうのは勿体ないよなーと、
一人の音楽家としては思います。

全体として僕は面白かったし、感想を残しておこうと思うくらいに影響を受けたので良かったと思うけど
少し不満点を上げるとすれば

1:選択肢が少ない

ビジュアルノベル的だなと思った。
こうしたノベルゲームの面白さって、自分の選択で物語の進行が変わる事だと思うのだけど
どんなに主人公が迷った場面も、プレイヤーの感情におかまいなく主人公がどんどん決断していく。
…しかも常人なら取らない方の選択肢に。

最近見ている風都探偵もとい仮面ライダーWでも言っていたしね。
「男の仕事の8割は決断することだ」って。

いわゆるキャラゲーと言われる、”可愛いヒロインたちとイチャイチャ楽しく過ごすぜ!”
的な内容なら、バッドエンドになる選択肢なんていらないと思うのだけど、
主人公やヒロインの葛藤を色濃く描いた作品だからこそ、
自分の手で選択して物語をすすめることで
さらなる感情移入が出来たのではないかとも思う。

なにか容量とか時間とか現実的な成約があったのかもしれないけれど。

 

2.音楽のクリエイターが居ない!

なんで居ないんだよおおお!!!

バリ感情移入できるはずの種類のクリエイターが一人たりとも現れない寂しさ。
本編内で音楽科も言及されていたはずなんだけどな。

現代のゲームでかなり音楽って重要な要素だと思ってるけど
少しくらいフォーカスしてくれたって良いじゃないか畜生!(完全に私怨)


 

ということで、以降はネタバレを含む感想をつらつらと書いていきたいと思う。

 

※未プレイ者はネタバレ注意※

続きを読む