フィロソフィカルメランコニア

最低、今が最高さ

すっかり記事を書いていなかったことに気付いた。

「フィロソフィカルメランコニア」という曲を作りました。

○テーマとか

僕のやったことないことをやろう、と思ったので
EDMっぽいシンセドラムを使ってみるところから始まったのと

現代的でポップな曲を作ろうと思ったときに出てきた要素が
・4つ打ちでビートが取りやすい
・Twitterの動画でフルが聞ける、2:20以内の曲
・耳に残るサビメロ
ということで、全部突っ込んだうえで

ギターリフをゴリ押ししてみました。

○歌詞とか

むしゃくしゃしていたみたいです。
意味がありそうで意味のない言葉を羅列して歌詞にしました。

そして出てきた単語が「フィロソフィカルメランコニア」
直訳で”哲学的な憂鬱”という無駄に荘厳な意味ですが、要するに思春期の厨二病だよね。。。

○サウンドとか

テーマにしたように
StudioOneの付属のシンセドラムを使ってベースのリズムトラックを作りながらも
BFDの生シンバルとかタムとかも重ねてます。

でも、やっぱりギターがメインだよね
ドロップDでDiezelのアンプシミュを使うという、普段と違うサウンドでやってみたけど
意外とDiezel使いやすいなと。。。

 

いろいろ新しい試みをしつつ、なんか面白い感じの曲になったかなと。

M3春2020で頒布した「POP RESEARCH」に収録されているので、気になった方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA