はじめてのレコーディングのはなし

あけまして。

昨年の12月もなんだかイベントがたくさんありましたが

個人的には、自分がエンジニアじゃない演者としてのレコーディングが二回あったのが概ねのトピックです

 

まず、囲碁研究部。

深夜パックでバンド一発録りの5曲というノーフューチャーなレコーディングでしたが

はじめてサブルーム付きの部屋に入ったり、レコーディング用にマルチボックス借りたりとか

こんなふうにセルフレコーディングすれば良いのかといろいろと参考になりました

一発録りなので、演者としての感覚は普段のリハとかと変わらずという感触。時間が有り余ってれば音作りも詰めたいところ。。

 

またカクテルを吐けの方でもセルフレコーディングしたいですね

 

一方、その後にSRRSの方でもレコーディングがあったのですが

こっちはエンジニアありのパート別録り。

なんか参考になるかなーとドラムのマイクセッティングを覗いたりしましたが

バスドラにマイク三本立ってたり、部屋の端にルームマイクも立ってたり

規模が違いすぎて参考にしづらい……!

パート別録りなので、一人でスタジオ入るんですが、

さみしい。広い。

良くわからないキューボックスとかいう機材の使い方を教わりいざRec。

 

難しかった……!

 

もうちょっとレコーディングも頑張れるギタリスト目指して精進したいです。

 

 

そんなこんなで苦労した音源も

srrsの方は新年のライブで、囲碁研の方もライブとかその他で配布販売するみたいなので、手にとって見てもらえたら幸いです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA