チェックアウト・フロム・メモリー  の作業メモ

なんか久々にオリジナル曲を動画として上げた気がする。

というわけで、制作にまつわる色々をなんとなく記録しておきます。


念頭に置いてたテーマは

今っぽい感じのノリの良い曲 & ボカロっぽい曲

 

というわけで、頭の中では某ドットスティングなんとかが流れながら作業してたんですが

だったはずなのにどうしてこんなにメンヘラチックな歌詞になった。。。

 

ボカロっぽいと言いつつ、僕がボカロたくさん聞いてた時代って
大体7~10年前くらいなので、多分そのあたりの曲の影響が如実に出てる。


イマドキ感出したかったんで、裏打ちはどこかでリズムパターンとして使いたいなと思って
裏打ち流しながら色々バッキングフレーズ弾いて遊んでて出てきたのが、Aメロ右chのギターですね。

というか自分で考えたフレーズが弾ききれて無い気もします。

右chが割と遊び回って
ベースも割とグリグリ遊んでるので
左chのギターは裏打ちな感じでシンプルにバッキングにしてみました。

結果的に4ピースのバンドでコピーしやすい感じになって、バンド感が割と出た気がします。

 

あと、僕の永遠の課題であるドラムパターンですが
Aメロが「僕のかんがえたさいきょうのおしゃれな裏打ち」です。
僕の今の限界値ですが、割と楽しい感じになったかなと想います。

総じて、なんとなくバンドでコピーしたら楽しそうな曲になった気がします!


今回のVocalはOИEちゃんですね。CeVIOです。

普通のポップソングなら、ミクさんの機械的なハイトーンよりもとっても良い気がします。
調整もビジュアル的でやりやすいし、深く考えなくてもデフォルトでそれなりに歌いまわしてくれるので便利です。

来年出るCeVIOAIには期待しか無いですね!

ちなみに、この前さとうささらさんも我が家に迎えたので、次はささらさんとのデュエットにしたいですね。


そして、製作途中のデモがこれです。

デモなので音が軽い。


そして、全部ミックスして書き出した後に色々あってOSのリフレッシュしたら

なぜかプラグインのパラメータ情報だけがぶっ飛んだ

なので、オフボーカル作るとなると、もう一度音作りからやり直しなので
よっぽど伸びない限りはオフボーカルトラックはCD化のときにまとめて作り直そうと想います。


 

最後に、ニコニコ動画側のリンクと歌詞も張っておきます。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37996719

 

チェックアウト・フロム・メモリー

「運命だ」なんて言っても また出たとこ勝負。いつもそう。
付け込まれるのは そう、私の方
馬鹿にされてるんですか?

ねぇ、愛して。愛したい。
哀して。返して。
いっそ狂えば楽になるかな。昔みたいに。

どうしたら、この思い消えてくれる?
どうしたら、どうすれば、何も感じずに済むの?

消えてなくなれ。この思い出も全部。この想いごと全部。
消えてなくなれ。きっとそのほうが良いさ。
こんな私なんて要らないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA