カラダのカンケイ の作業メモ

きりたんが可愛い系の声だったので
なんとなく、少し大人っぽい感じの歌を歌わせたいなーと思ってたんだけど。

ブラスを使ってみたかった

せっかく音源買ったので、ブラスを使ってみたかったんですよね。

イントロとサビに入ってるあのリフのフレーズが思いついた段階で
「あ、これをブラスとユニゾンさせてみようかな」ってなったわけです。

サビとテーマの部分のどっちが先にできたか忘れちゃいましたが
同じコード進行になるから、リズムパターンを思いっきり変えたいよなーということで
テーマはわかりやすい4つ打ち、サビは倍の8ビートで疾走感マシマシにしてみました。

きりたんを大人っぽい感じの歌詞歌わせたかった

で、最初にサビのメロに「あなたにとってわたしはきっとからだのかんけい」という歌詞が浮かんだので
そこから肉付けしていったカタチ。

人生経験の薄さから、歌詞作業がとても難航した。

CeVIOオールスター

僕の手持ちのCeVIOソングのきりたん、OИE、さとうささらの3人共活躍してます。

きりたんはいわずもがなメインボーカルですが
コーラスはOИEちゃんにしてみました。

ただ、きりたんのVOLとPitchをそのままOИEちゃんに引き継いでるので
わりと違和感がないのではないかなと思います。

ダブリングの替わりに、ささらさんにはメインボーカルと全く同じ譜面を歌ってもらってます。
かなりうっすらなので普通に聞いてたら多分ささらさんを感じることはないかと思います。
ささらさんのサブボーカルの方にだけディレイを入れてるので、
間奏後の静かなところで裏で聞こえる歌声はささらさんです。

やっぱり、同じボイスじゃなくていくつか別のボイスを重ねると厚みが出ますね。
CeVIOにもランダマイズ的な感じで、ゆらぎを出す機能があると面白いのにな。

ギターはかんたん

まぁあんまり難しいギターを弾いたこと無いんですが。
今回は程よい簡単さで、初心者の練習に良さそう……とか勝手に思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA