新型コロナウイルスの予防接種を受けてきた話(1回目)

たまにはそこそこ真面目な記事です。

ひょんなことから、一旦受付中止とか言われている職域接種の枠を勝ち取り、
コロナウイルスの予防接種、つまりワクチン接種を受けることになりました。

特にドラマチックな内容は含まれないので、淡々と項目立ててレポートする感じになります。

そんな文章読む時間も勿体無い的な人向けに先に要点を箇条書きしておくと

・とりあえず注射は全然痛くない
モデルナ製なのでファイザー製のものより摂取量は多いはずですが、注射がめちゃくちゃ苦手な僕でも平気でした。

・アナフィラキシーとか副反応とかはあまり出ない人種だったみたい
注射とかワクチンとか苦手すぎて、緊張でドキドキしたりはしますが、副反応的な何かはあまり出ていない気がする。翌日は少し食欲なかったかも。

・接種翌日〜翌々日が肩の痛みのピークっぽい。
筋肉注射なので、注射した箇所が筋肉痛のような痛みがあります。
当日は割と大丈夫だったんですが、翌日あたりは力入れると痛いのでずっと脇を閉め気味な感じで、三角筋に力の入らない体制を維持していました。
翌日に車の運転とかするのは、少し痛みに耐える覚悟が必要かも

と言う感じです。


なんで予防接種受けたん?

ぶっちゃけると、僕はワクチン接種しない方に気持ちが傾いていた人間です。

と言うのも、リスクとかメリットとか全て関係なくて
注射で得体の知れない物体を自分の体の中に入れられると言う行為そのものに生理的な嫌悪感を抱いているからです。

それなりに理系の人間だし、オタクらしく客観的な視点で物事を考えようとする人なので、

コロナの発症リスクや、感染拡大リスク
ワクチンのメリットや、リスク

そう言ったものを考えたときに、個人的な都合だけ考えても
6:4くらいで接種した方がメリットが大きいと感じていました。
#もちろん、社会的な都合も考えたら8:2くらいになる気がしますが

どんな情報を加味してその判断に至ったかは、ここでは触れませんが。
(というかTwitterとか眺めて情報集めてたので、もうソース探すの無理)

理性が6:4でメリットを感じるイベントを、気持ちが9:1で拒否してたら、
そりゃあ接種しない側に意見は傾くよなと。

人間が動く理由は、明確なメリットではなく、最終的には気持ちの問題です。
儲けが薄くても、気持ちがやりたいと感じれば、それを選択するのは
人間があくまで動物である以上自然な行為だと思います。

ただ、理性は明らかに受けるメリットを感じていたので、
自治体側の接種予約の資料が届いた時点で
どうにか気持ちを受ける側に少しでも傾ける努力をしてみようと思いました。

というあたりで、
8、9、10月にライブの予定が入ってきたりとかしてきて、さらに10月末のM3の会場参加にも申し込みました。
それもあって、
「さあ、自分の音楽活動のためにワクチンを受けるんだ!」
と、僕の理性が僕の感情を説得し始めた頃に、
先着申し込み制の職域接種の連絡が会社から来ました。

多少迷ったのですが
迷ってるうちに、僕の理性が申し込みボタンを押しました。

会社の名前で申し込んでいる以上、
そこそこ真面目な僕はその予約から逃げづらくなります。
そう言った打算込みで、僕の理性が申し込みボタンを押しました。

 

と言うわけで、
僕は気持ちの決心がつかないまま、ノリと勢いでワクチン接種を受けることになりました。

ノリと勢いと言うとふざけてるように聞こえるかも知れませんが
ほんとに注射とか嫌いなので、ノリと勢いでやらないと、いつまでもグダグダ迷いそうだったと言うことです。

本能ではなく理性が勝ちました。僕は立派に人間できているようです。

 

当日の流れ

職域接種なので、大規模接種会場での自治体接種とも微妙に違うかも知れません。

指定された時間に、会場のビルに着いたら
1Fに看板を持っている人がいてくれて、どのエレベーターで何回に行けばいいか教えてくれました。
ビルまでたどりつければ会場で迷うことはなさそうです。

会場の方は、学校とか職場の健康診断みたいな形で
受付を済ませたら、順番に並んで、各ブースを順番に回ってゴールを目指す形式の作業になります。

ブースの種類としては
・受付ブース(会社ごと別)
・問診ブース
・接種ブース
・接種票記録ブース
・経過観察ブース
の5つを順に回ることになります。

○受付ブース
多分会社の担当者がいます。
ここで非接触タイプの体温計で体温を測ってもらい、記録しました。

有給使って接種しに行ってるので、「これはプライベート!」と割り切って
普通にアニメ柄のTシャツとか着て行ってしまったんだけど、どう思われたんだろう。。。。
バレてないと思うが、きていた上着もマルコと銀河竜と言うゲームのグッズだ。
まあ、会社にストファイVのジャージ来て行ったりしてるし、特に隠すようなこともないしいいだろ。。。

○問診ブース
呼ばれたらお医者さんらしき人に問診を受けます。
アレルギーとか既往歴とかある人は細かく聞かれると思いますが、ないひとはほぼ形式だけみたいな感じです。

おかげで、僕は問診票の「質問はありますか?」欄は「ある」と回答していたのに
スルーしてそのまま追い出されそうになった。
適当すぎるだろあの人たち。
なんのためのチェックリストなのか。形骸化しすぎですよ。
こんなだからみんな、何か見逃されてないかと不安になるんですよ。

ちなみに、質問内容として僕が聞きたかったのは、
副反応時の市販の薬の使用について。
ちゃんと追い出される前にこちらから質問したら、特に制限があるものではないとのこと。
普段使ったことのある市販薬であれば問題ないとのこと。

気になることがある人は、ちゃんとこの場で聞いておきましょう。
病は気から、と言うくらいなので。

質問をして、回答をもらうだけでも
「ああ、僕はちゃんと対応してもらえてるんだな」
と言う心理的な安心感が生まれるので、緊張する人は知っていることでも再確認するのもアリだと思う。

 

○接種ブース
看護師さんがワクチンを注射してくれるブースです。
僕にとって、今日一番の鬼門です。

と言うわけで、緊張を解すためにも
「僕、注射苦手なんですよー。何か心構えとかコツとかありますか?」
と、フランクに看護師の方に話しかけます。緊張で震えた声で。

看護師さんも良い方だったので
「今回の注射は針が細くて全然痛くないですよー!しかも、私、注射得意なんで安心してください!」
と、笑顔で優しく返してくれました。

注射のドキドキによる吊り橋効果とナース服的なフェチが合間って、
そこに笑顔で優しい言葉をかけられてしまうという見事なトリプルコンボ。
看護師さんが3割増しで可愛く見えました。

看護師さんの言う通り、針も細く、注射も上手かったのか
ちくっという感覚の後、すぐに終わって拍子抜けするレベルでした。

モデルナ製は確か0.5mlとかで、ファイザー製は0.3mlとかだった気がするので
もしかしたらファイザー製の方だとさらに一瞬で終わるかも。

お礼を言って接種ブースを後にします。
問診の医者の印象が悪かったこともあり、相対的に、看護師さんの印象がかなり良い印象で終えることができました。

まあ、ワクチンを入れられたという精神的な緊張は続くのですが。

○接種票記録ブース

アナフィラキシーとか大丈夫かな、とドキドキしながら
書類処理の列に並びます。

用意していいた接種票を提出したら、ワクチンのモデル番号の書かれたシールを貼って返却されました。
次回の2回目接種時にも必要とのことなので、大切に保管します。

特に既往歴とかもないので
資料の提出が終わると、15分待機を命じられて、経過観察ブースへ案内されました。

○経過観察ブース

娯楽がなんもねぇ。
普通にテレビとか流してくれてもいいのに、よくわからないPVが流れてた。

ただ、病院と違って特に携帯使用について咎められる雰囲気でもなさそうなので
普通にスマホゲーとかしてたら15分経ちます。

僕は最近始めたIDOLY PRIDEをやって、アイドルたちとコミュニケーションをとっていたら15分が経ちました。

特に呼び出されるようなこともないので、不安な人は長めに残っても大丈夫そうですが、
みんなが残りすぎると、待機場所が過密・・・と言うか席がなくなりそうなので
大丈夫なら指定された時間に出て行った方が、みんなの迷惑にならなそうです。

 

と言うわけであっけなく接種も終わり、入場から退場まで30分程度で済みました。

接種後について

アナフィラキシーショック的なものは出なかったので、
副反応とか注射部位の痛みとかの話がメインになります。

○注射部位、肩の痛みは?

接種当日はじわじわ痛いくらい。
ベースのチューニングしようと思って、腕を伸ばした状態≒接種した三角筋に力の入る状態で作業しようとしたら痛かった。
じんわりとした痛みはあるっちゃあるけど、生活に支障はない程度。
接種した方の腕で電球の交換とかはしたくない(できなくはない程度の痛み)

接種翌日もじわじわ痛いのは変わらず。
ただ、筋肉痛的な痛みは増していて、左手で何かを持ち上げるとそれなりの痛みを感じるレベル。

お茶碗を持つだけでも多少筋肉痛を感じたので、ラーメンとか丼を持ち上げる料理とかはおすすめしない。
家事をするなら、接種当日の痛みの少ないタイミングで済ませておくのが良いかも。
どうしても何かを左手で支える場合は、脇を閉めて三角筋に力を入れない体制のまま、上腕二頭筋で持ち上げるイメージにすると負荷が少ない。

左腕を下にするような寝返りは、少し痛いかも。

三日目。
接種した翌日より多少マシだが、初日よりは筋肉痛な感じは残る。

○副反応は?

僕の場合はほとんど出なかった。
翌日の朝、少し食欲がなかったのだけど
ぶっちゃけ睡眠不足が原因だったのか判断に困る。

ちょっと体があったかいかなと感じるタイミングもあったが
日常で感じるレベルの体温上昇の範疇だと思った。

三日目夜から四日目朝にかけて、少し頭痛がしたけど
これは副反応なのか、稀に起こる偏頭痛的なやつなのかは微妙なライン。(天気も悪くて気圧も低いみたいだし)

Oura Ringの体表面温度も最大で+0.3程度で一般的なばらつきの範囲内だと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA