カテゴリー: 端書

コードや音楽理論をわかりやすくするための自分向けのメモ

マジで自分向け。

ダイアトニックコード

3和音からなる、そのキーの基本として使われるコード。

メジャーダイアトニック

1度メジャー :トニック I
2度マイナー ;サブドミナント IIm
3度マイナー :トニック IIIm
4度メジャー :サブドミナント IV
5度メジャー :ドミナント  V
6度マイナー :トニック  VIm
7度マイナーフラット5th :ドミナント   VIIb5

マイナーダイアトニック

1度マイナー :トニックマイナー  Im7
2度マイナーフラット5th :サブドミナントマイナー IIm7b5
短3度メジャー:トニックマイナー  bIIIM7
4度マイナー:サブドミナントマイナー  IVm7
5度マイナー:ドミナントマイナー   Vm7
短6度メジャー:サブドミナントマイナー  bVIM7
短7度メジャー(マイナーセブンス):ドミナントマイナー bVII7

ハーモニックマイナー
短7度が長7度になる

メロディックマイナー
短7度が長7度に、短6度が長6度になる。

 

 

 

コードの種類と役割

トニック;安定感。
ドミナント:不安定感⇨トニックへの強い誘導
サブドミナント:雰囲気づくり。

ドミナントセブンス:5度下のトニックか、半音下のメジャーセブンスに解決する

 

指板上のルート音の位置

コードネームのつけ方

メジャー(長調):3度が長3度の場合
マイナー(短調):3度が短3度の場合

フラットフィフス(b5):5度が半音下がる。
オーギュメント(+5):5度が半音上がる(増5度)≒オクターブを3等分
同じ構成音でどれをルートにするかで3つ呼び方がある、
1ルート音そのまま5度を移動するパターン
2移動する5度の音を次のコードへの経過音にするパターン
2.5ドミナントである5度メジャーをオーギュメントにしてb13的に捉えて流れを作る
⇨フラットサーティーン(b13):短6度≒増5度のテンションノートを加える

メジャーセブンス:長7度の音=ルートの半音下
マイナーセブンス:短7度の音=ルートの全音下

ディミニッシュ:1オクターブを4等分した特殊なコード。
1度、短3度、短5度、6度で構成されていてそれぞれの距離が等しいので
1度dim=短3度dim=短5度dim=6度dim となる。(Cdim=D#dim=F#dim=Adim)

・パッシングディミニッシュ:経過音としてディミニッシュコードを使う。
・ドミナントセブンス(V7)の代理として使う。

 

テンションノート:セブンスコードに乗っける雰囲気を付与する音。
⇨完全に和音として成立している4和音のセブンスコードがある前提で加える

使い道:トップノートを継続させるなど、他のコードとの関わり合いで考える。

大抵は9,11,13度上の音で、それを半音ずらしたりしている。

9=2度
11=4度
13=6度

ナインス系:9th≒ルートの全音上の1オクターブ上

(メジャー)アドナインス(add9):セブンスの代わりにメジャー3和音に9thを足す
マイナーアドナインス(madd9):マイナーコードに9thを足す。
メジャーセブンスナインス(maj7(9)):メジャーセブンスに9thを足す。
ナインス:メジャーのマイナーセブンスに9thを足す。(セブンスが前提になっているので)

 

バンドが自主配信ライブをやるときのTips(音声編)

自分のバンドで配信ライブやってみたりして、少し知見が溜まったので
僕なりの方法論的なものをメモとしてここに書き残しておきます。

だいたい対象となる人:

  • 自主配信ライブをなるべく高クオリティでやりたい人
  • DTMとか嗜んだことがある人
  • ロックバンド(パート数が5個くらいまで、、、)

多分対象にならない人:

  • ライブ配信したいが機材とかよくわかんない人
  • 複雑な楽器構成のバンド・オーケストラなど
  • ソロシンガー
  • 自分であれこれ試すのが面倒だなって思う人

続きを読む

SRRSカバー動画についてRecとMixについてちょっと話す

公開されましたね。

あ、先に言っておきますが、
映像は全てアテフリですよ。(見りゃわかる)

というわけで、今回はカバー動画ということですが
例の如く、レコーディングからミックスまで、僕が主導でやっているので
演奏云々とかフレーズ云々の話は置いておいて(それはそれでどこかでしたいけど)
Recとかミックス周りの話をちょこっとだけします。

続きを読む

新型コロナウイルスの予防接種を受けてきた話(1回目)

たまにはそこそこ真面目な記事です。

ひょんなことから、一旦受付中止とか言われている職域接種の枠を勝ち取り、
コロナウイルスの予防接種、つまりワクチン接種を受けることになりました。

特にドラマチックな内容は含まれないので、淡々と項目立ててレポートする感じになります。

そんな文章読む時間も勿体無い的な人向けに先に要点を箇条書きしておくと

・とりあえず注射は全然痛くない
モデルナ製なのでファイザー製のものより摂取量は多いはずですが、注射がめちゃくちゃ苦手な僕でも平気でした。

・アナフィラキシーとか副反応とかはあまり出ない人種だったみたい
注射とかワクチンとか苦手すぎて、緊張でドキドキしたりはしますが、副反応的な何かはあまり出ていない気がする。翌日は少し食欲なかったかも。

・接種翌日〜翌々日が肩の痛みのピークっぽい。
筋肉注射なので、注射した箇所が筋肉痛のような痛みがあります。
当日は割と大丈夫だったんですが、翌日あたりは力入れると痛いのでずっと脇を閉め気味な感じで、三角筋に力の入らない体制を維持していました。
翌日に車の運転とかするのは、少し痛みに耐える覚悟が必要かも

と言う感じです。

続きを読む

LOOPERSを終えた感想とか(ネタバレ込み)

友人に勧められて
Keyの新作キネティックノベル「LOOPERS」をプレイしました。

と言うわけでハロワで感想をベラベラとしゃべった舌の根も乾かぬうちに
LOOPERSの感想というか、色々振り返りながら思ったことをまとめておこうと思います。

基本的にネタバレ含む感想なので、未プレイ者はプレイしてから読むか、読んでからプレイするかの2択な。

続きを読む

HELLO WORLD を見終えて。(ネタバレあり)

今更かよ!って感じですが。

アマゾンプライムで、しばらく有料レンタルだったんですが
ついに無料になっていたので、時間が空いたタイミングで見てみました。

タイトルのHELLO WORLDというあたりである程度想像つくと思いますが
WORLDという単語の通り、ストーリーの格子はいわゆる「セカイ系」であり、
そしてプログラミングの”HELLO WORLD”から想像できるように、世界観は「近未来SF」というところです。

売り文句としては、「最後の1秒で全てがひっくり返る」でしたが、文字通りひっくり返りましたね。

 

世界観や、ストーリーの感じから僕が思い出したタイトルは
・SAO,アリシゼーション編
・シュタインズゲート
・景の海のアペイリア
・なつくもゆるる
あたりの作品でした。この辺の作品が好きな人にはお勧めできますね。

どこでどう思い出したかは、ネタバレ感想の方で。

シナリオとしても展開がまとまっていて、
いらんとこはダイジェストにして流して、欲しいところは濃密に描く。
1時間30分という枠をうまく使い切っていた感じで好印象でした。

 

最近は、曲を作ったり物語を作ろうとしたりと
クリエイティブな活動を増やしているので、何か作品を見たらある程度分析的に感想を残しておこうかなと思いまして、
そんな中で、今回せっかく映画を1本みたので、その感想をつらつらとみた直後に記録してみようと思います。

ということで、以降はネタバレありの感想とか思ったことをあまりまとめずに記録しておきます。
上にあげた、”僕が思い出した作品”のネタバレも所々含んでしまうので、それぞれの作品をまだみようと思って見てない人は見てからの方が良いかもしれません。。見る気もない人は、この感想を見てやってみようかなって思ってもらえたら嬉しいな。

続きを読む

エフェクターボード紹介:2021年春

現在メインでやってるSUPERROCK’N’ROLLERS向けに使っている
エフェクトボードの中身を紹介してみたいと思います。

誰得ですが、自慢メモを残しておきます。

ちなみにライブでのサウンドはこんな感じ。


続きを読む